こちらでは、実際のWeb制作の流れと、当方のWebについての考え方についてご説明します。

そのうえで、以下の流れで制作したWebサイト(サンプル)をご参照いただき[Webサイト]を持つということについて、イメージしていただければ幸いです。

過去の実績

連載中・近著

実際にWeb制作を請け負った場合の流れについて、ご説明します。
あくまでも一例となります。

まずは、ヒアリング(取材)にて、現状の把握、Webサイト設置の目的などを伺います。

その後、業界研究をはじめ、競合店舗・競合Webサイトについてリサーチ。そのうえで、ご希望を伺い、さまざまな提案をいたします。

また、それらを「コンセプトシート」というカタチで整理して提出いたします。

その後、最終打ち合わせを行い、はじめてWebデザインの作業をはじめることになります。

実際、どんなWeb制作会社でもやっていることですので、珍しくはありません。

逆に、こういった作業をしていないWeb制作会社とは付き合わない方がいいと思います。

さらにお話しすると、Web業界の仲間と話をしていて「付き合わないほうがいいWeb制作会社の特徴は、ズハリ料金表示の有無」です。

制作料金を記載しているWeb制作会社は、付き合わない方がいいというのは、よく聞きます。

話がズレましたが、そもそもヒアリングなしでWebサイトを作るなんてあり得ないので、これも付き合わないほうがいいWeb制作会社の特徴です。

Web勉強交流バー「Web勉強虫」で、お話したこともありますが、某一流Web制作会社などは、見積もりだけで数百万円。

でも、大手広告代理並みのプロモーション計画も含めて提案し、Web制作し、結果をちゃんと出すそうです。

その意味では、以下の項目について、クライアントさんは目的意識を持つ必要もあるかと思います。

講師・バーマスター

まずWebサイト公開について、現状について取材し、Webサイト制作の目的、類似Webサイトのリサーチ、業界リサーチ、内容提案、URLを取得する場合はドメインの提案などをします。

以下は、ヒアリング(取材)をまとめた個人的メモの一例です。
最低でもこれらの内容を伺います。

■ターゲットユーザーの確認(従来→目標)

・現状は30代サラリーマンが多く、女性や若いお客さんが少ない。
・Webサイトによる情報発信で、20代女性を含む新規のお客さんを増やしたい。
・常連客も大事にしたい。
・ただ時間をつぶしたいという顧客よりは、明確な目的を持った顧客を開発。
 しかし、そもそも興味がある顧客しか来ないかもしれない(不安)。

■Webサイト設置の目的の確認

・集客の向上
・エリア活性化のため「なんば、カフェ」というキーワードのツイートを表示してほしい。

■現状について

・農家直送のいい素材を仕入れ、新メニューを開発したのに客足が伸びない。
・特に宣伝はしていないが、なんば経済新聞に一度掲載されたことがある。
・Webサイトは初体験、過去にネットで情報発信はしていない。
・広告を出したことはない。求人広告で懲りた。

■類似・競合・参照サイト(ここでは省略)

■掲載内容・目的についての個人的取材メモ

・Webサイトを公開して、情報発信し、集客を目指す。
・ツイート表示については、
 なんば地域の情報を探しているやユーザーに役立てばとの思いから。
・もっと「カフェ カンゾウ」を好きになってもらいたい。
・検索率アップのためのキーワードを盛り込む。
・なんばのカフェ情報も流してみてはどうか。
 →マスターによる、なんばのカフェ紹介。
  場合によっては、取材ライターを確保。
 予算によっては、マスターのヒアリングのテキスト起こし。
・契約農家を紹介して、生産者の顔が見えるカタチに。
・木目調の店の雰囲気を伝える。
・Webサイト公開にあわせて、新メニューは開発できないか。
・Webサイト公開にあわせて、イベントはできないか。
・お客さんの声を乗せて、クチコミをイメージさせる
 →ツイート表示との相乗効果も期待?
・お店のロゴをデザイン。キャラを作るか?
・ブログ投稿好き女子向けに、プログパーツを提供するか?
・いっそWebマガジン化するか?
・はじめはブログやFBページも併用するか。

■キーワード
産地直送、自然、ナチュラル志向、ロハス、オーガニック、山ガール、農ギャル、有機農法、契約農家

■URLの提案(ここでは省略)

シナリオ・プロット

ヒアリングの結果をはじめ、リサーチなどを含めて、相談しつつ、
以下のような項目で「コンセプトシート」を作成・提案いたします。

■サイト名称(タイトル)
なんばのオーガニック喫茶店「カフェ カンゾウ」_有機農法メニューを提供

■サイトURL
できれば、独自ドメインで。

■サイトテーマ
Webによる情報発信により、店舗認知度のアップと顧客との関係をより親密に。

また、なんばの地域活性化に貢献するための情報も発信する。

■サイトコンセプト(目的)
広く「カフェ カンゾウ」を知ってもらい好きになってもらう。

■サイトゴール(効果)
新規顧客の確保、常連客のリピート率アップ。

■ターゲットユーザー
オーガニック、ロハス、スローライフに興味がある、グルメ写真をSNSに投稿している20代女性。

■ユーザーニーズ
愛着あるなんばで穴場的なお店を知りたい、手軽にオーガニックメニューを味わいたい。

■ユーザーベネフィット
安心感のあるナチュラル志向。

■サイトキーワード
オーガニック、カフェ、落ち着いた空間、なんば、ロハス、契約農家、有機農法、地域活性 穴場

■サイトの内容(コンテンツ・制作ページ)
なんばのオーガニック喫茶店「カフェ カンゾウ」の紹介
なんばのオーガニック喫茶店「カフェ カンゾウ」の空間・内装紹介
なんばのオーガニック喫茶店「カフェ カンゾウ」のマスター紹介
なんばのオーガニック喫茶店「カフェ カンゾウ」のマスターによるなんばのカフェめぐりエッセイ
なんばのオーガニック喫茶店「カフェ カンゾウ」の常連さんの声
なんばのオーガニック喫茶店「カフェ カンゾウ」のメニュー紹介
なんばのオーガニック喫茶店「カフェ カンゾウ」のアクセス・問い合わせ

プランニング

コンセプトシートの最終確認が終了後、実際のWebデザインをはじめます。

まずは、いくつかのデザインを提案。
最終的なデザインを決定します。

その後、掲載する内容についての取材・撮影などがあります。

そして、取材内容のテキスト・画像を掲載し、Webデザインが完成。
最終確認となります。

編集

Webサイトの公開にあわせて、広報・宣伝・プロモーションについてもお話しさせていただきます。

例えば、プレスリリース発行など。

詳細は、実際の仕事にて。

ライティング[雑誌・連載]

Webサイトは、まず公開することが大事ですが。
本当に大事なのは、その後です。

Webサイト公開後、アクセス解析などをふまえた上で、導線の修正、コンテンツの追加など、やることは満載です。

そのため、Webサイト制作料金よりも予算がかかることもあります。

例えとして、ベターではありませんが、
高校生の受験生にとって、大学合格は確かにゴールなんですが、
人生はまだそれからです。

一流大学に合格しても、その後なにも経験を積まず、遊んでばかりだと、就活で泣きます。

それと同じで、Webサイトも継続した努力が必要となります。

その努力ができないのであれば、そもそも大学はあきらめてくださいってハナシになりますし。

そもそもWebサイトを作る必要はないのでは?
とお話しすることもあります。

とはいえ、いまどき大学ぐらい行っておかないと……というのが人情です。

ひと昔前に「とりあえずホームページを作っておきたい」と、目的意識もなく、Webサイトが乱立しましたが、これがまさに、少し前の大学と同じです。

しかし、いまや大学も全入時代。
まさに、これも現在のWeb業界と同じです。

というわけで、Webサイトは、公開後が最も重要なんです。

このあたり、もはや数年前からの常識ですが、ちゃんとしたWeb制作会社であれば、Webサイトを作って、あとはほったらかし…なんてことは100%ありません。

Webサイトを作ったままほったらかし。

これも絶対に関わってはいけない、Web制作会社の典型です。

Webサイトを作ったままほったらかしであれば、趣味でWebサイトを作っている人を見つけて、バイト代を払って頼んでもやってくれます。

ライティング[書籍]

Webサイトの企画制作をはじめ、もろもろWebソリューションにおいて、少し違った変化球を投げられるのが、IT企業やWeb制作会社育ちではなく、雑誌育ちで、Web業界も経験している当方の強みです。

実際、一昔前は「Web業界に、編集を知っている人がいない」と重宝される時代も確かにありました。

しかし、現在は編集能力だけでなく、デザインやプログラム、広告プロモーションにも詳しいWeb制作会社やクリエイターが数多くいます。

というわけで、案件によっては“セカンドオピニオン”的に、他の安心できるWeb制作会社やWebクリエイターを紹介したいと思います。

また、Web制作において不安なクライアントさんであれば、Web制作会社やWebクリエイターとの間に入って、Web制作会社選びのアドバイスなど[Webコンシェルジュ]として、Webサイトの企画制作の進行を代行いたします。

こちらのほうが現在の自分のスタンスにはあっているようにも感じます。

また、一昔前と違って、Webデザインだけでなく、Webマーケティング・プロモーションの書籍がアホ出ています。

それらを参照するだけで、以上紹介しました、Web制作の流れを独学でできると思います。

ヒアリングも、ご自身でなにがしたいのかを自問自答すればいいわけですし、その気になったらできるかと思います。

それでも「アカンーー!」という場合は、ご相談ください。

トピックス/TOPICS

Web制作サンプル

左記の流れで制作した、Webサイトのサンプルです。

トップページのイメージのみで、SNS関連もイメージです。

Web勉強交流バー

業界動向については、Web勉強交流バー
「Web勉強虫」でも情報交換しております。

ぜひおいでくださいませ。

トップページに戻る